木と山のこと

リラックスする杉

こんにちは*

COCOChiの榎戸です。
先日娘ちゃんを紹介しましたが、うちには6歳になる長男もいます。


ちょっと昔の話を。

長男が赤ちゃんの時は、すごくデリケートでよく泣く子でした。
ベットに置くと泣くはもちろん、足音や紙の音でも起きて泣いてしまう。

当時、自宅でみんなでお仕事してたので、保育士のあーちゃんや先輩ママのあやかさんの言葉には本当に助けてもらいました。
夜泣きもひどく、夜のお散歩・ドライブはよく行きました。
1日の中で抱っこしてる時間が15時間は超えてたと思います。


下の娘ちゃんは正反対でよく寝る子です。
ほんとにおなかすいたときにしか泣かないような、そんな子です。

何が違うんだろう。
男の子・女の子、それぞれの性格が大きいと思いますが、

1番は住んでる家です。

長男の時は都内の賃貸マンションでした。


オーナーさんがこだわってリフォームした無垢のフローリングで、日当たりもよく、あたたかなお部屋でした。
ここのフローリング材がクリでした。栗🌰

今は田舎に引っ越し、杉の無垢のフローリングです。

杉の木部分には「セドロール」という成分の中には誘眠効果があったり、
「セスキテルペン」という鎮静(リラックス)効果をもたらす成分が多く入っています。

以前製材所のおじちゃんから聞いた話では、

「杉材は寝室によく使うけど、ヒノキは逆に寝れなくなる(覚醒効果)からつかわねぇんだ」

って言ってました。

そんな影響もあるのかもなぁー

おうち建てる時の参考にしてください^^

 

一覧に戻る