端材と廃材

ご無沙汰しています*

榎戸です。

実は赤ちゃんが生まれまして、なんかかんかしているうちに早5か月がたってしまいました。

(赤ちゃんは今3か月 つるつるです。)
つわりなどでたくさんご迷惑をおかけしてしまって、、、その節はすみません

 

COCOChiを始めた時から「端材です」と伝えると
初耳では「廃材」と思われてしまうのです。

COCOChiが材料にしているのは「端材」のほう。

もう5年くらいたってようやくうまく説明できるようになったので
ここに書いておこうと思います。


人見知りこじらせてる私はきっとこれからうまくお話しできない時があるから
そうゆうときはこのページみてもらう!
ためのやつ!

 

*私の感覚とイメージなので本来の使い方じゃなかったらご指南ください。

 

「廃材」
いちど製品になってたくさん使われて、そして使われなくなったもの。

「端材」
製品を作る際にでる切れ端、端っこ。
↓動画の切られた薄い板が端材となるのです
 音出るかも!!

 

2つの大きな違いは製品になったか、なってないか、だと思うのです。

廃材も好きです。
自分の知らない人が確かに使っていたという傷や手垢の色、丸み。
その時空を行き来しているような感じがして本当に好き。

端材は1回も使われないまま破棄されてしまう。
その人間的なわがままを少しでも減らしていけたらいいなと思うのです。

 

一覧に戻る